明々後日のビシャモンテ

パンセクゲイ大学生のひとりごと

7/17 肺に泥を塗るだけの日常。

7/17 20:25 

https://www.youtube.com/watch?v=oO_nS6TDxPY

 

人生とはなんだろう。

いつもいつもそれを考えては答えが出ずに終わってしまう。

きっと考えるだけ無駄な時間なんだろうな。

 

昨日久しぶりに遭遇した友達とお茶した話でもしようか。

その子は東京出身でなぜか名古屋の大学に来て、

俺が通っているジムにまた彼も通っている。

2,3年前に知り合った完全ノンケ生活をしている隠れゲイである。

 

半年やそれより前に就職が決まったと報告があった。

社名を聞いてすぐさま調べた、今でも覚えている、

初年度の給料が700万~の外資系である。

 

何もかもが悔しかった、今でも悔しい。

何が俺と違うんだろう?

俺だって必死に頑張ってた時期だってあった。

でもそれはマイナスな部分をひたすらに0に戻すための努力だった。

彼は俺がマイナスをゼロに戻すための努力をしている時に、

ひたすらプラスへと積み上げ続けていたのだ。

 

ほぼ親の金で家賃10万弱の家に一人暮らしをし、

留学を何度も行き、親孝行だと言いながらバイト代で家族を飯に連れて行き。

教授にも気に入られて、重要なミッション任されたり、

その上でどれほど夜が遅くてもジムへ来ているのを見かけた。

 

彼はすごく勉強熱心で努力していることを知っている。

 

 

何も言えることはない。

ひがみだろうか、妬みだろうか、眩しすぎるからだろうか?

 

いずれ俺がこの生活を続けていたらきっと縁は切られてしまうだろう。

それは構わないし、キラキラしたギラついた同い年と話すだけで

体力は消耗する。疲弊するし現在の自分に嫌気が刺して病む。

 

いろんな物事に対するモチベーションが上がらないわけではないが、

それに伴う劣等感が半端なく大きいんだ。

 

なんで?どうして?

俺はあんなにも振り返りたくない若い青春を送ってきたというのに、

ただただ必死になってお金を稼いで、戦ってきたというのに。

 

人と比較してはいけないとよく言うけれど本当だと思う。

なにも生まれない。きっと何も変わらないし届かない。

 

俺は金のある生活をしらない。

英語もスラスラ話せない。留学経験も1度もない。

海外に友達が大勢いるわけでもない。

社会に対する繋がりも日に日に薄れていっている。

おまけに躁鬱も患い自分自身と向き合っては一喜一憂する毎日。

 

 

いつでもそうなんだどっかで誰か泣いていて

その隣の部屋では誰か笑っていて

繰り返す日常と2度と来ない特別な今日が

同じ空の下 淡々と流れていく

(bird sorrow / bucknumber)

 

 

俺の毎日なんて何の価値もないんだなと思うと

生きるってのがどれだけちっぽけで虚しいののか

考えさせられる時間で埋め尽くされてしまうよ。

 

 

俺はこの歳でやっとマイナスからゼロにできたのだろうか?

しかし頑張ることをしばしやめていた結果またマイナスに戻ってしまった。

恵まれた人たちはプラスの状態から始まり、

ちょっとやそっとじゃゼロにくることもない、

それどころかその状態で頑張り続けたらプラスが積み重なっていく、

 

いったいどこまで突き放されていくのだろうか?

 

 

俺は、いま一体何をする期間なんだろうか?

走り出したい冬の終わり

お久しぶり、けれどこれは誰に向けている言葉でもなく、

きっといつか自分が見返したときの歴史を振り返るためのものでもあるのかもしれない。

 

最近、ものすごく動き出したくてうずうずしている。

 

圧倒的に刺激が足りない。

もっともっと刺激的に生きていきたい。

まぁ、きっと今はじっと耐えて春を待つだけの時期なんだろうけれど。

 

俺はなにがしたいんだろう?

 

 

またこれだよ、いつものこれ。

自分がやりたいこと、というか数年後にやっていくこととかは

ある程度決まっているんだけど、直近のこの数ヶ月、

このたった数ヶ月をどのようにして生きていくのかを決められない。

 

きっといろんなことができると思う、何だってできる。

俺はどこまででもいけるんだ。

けれどいまは現在地点を見失っている。

 

 

早く動き出さなければ。

待っていてもわくわくは勝手にはやってこない。

 

 

はやく、稼ぎ出して生活安定させて、

ジムにも毎日通って好きな時にゲームをやれるような

そういうものをとりあえず作り上げなければ。

 

大丈夫

 

俺はできる。

 

Just a game 全部所詮遊びだから

遊びこそ本気でやらなければいけない、

足を引っ張るものたちに時間を割いている時間なんてない。

己の道を信じて進むのみ。

 

 

目の前にあることを一つづつ潰していけば、

前に進めるはず。大丈夫。何も怖くない。

いま手にしているこの不安は、

きっと動きたくても動け出せない葛藤から来ているんだ。

だから何も怖くない。動き出せば、走り出せば、

 

 

何でもやってみようと思うんだ。

12/4 永遠に届かない眩しい舞台。

最近つくづく思うのは、

暖かいお家でのんびり暮らしたい。

お腹いっぱい楽しくご飯が食べたい。

 

 

-----------------

ふとした時の自分のつぶやきや、自分を突き刺していく。

 

 

 

自分の敵は自分なんだな。

報われなかった過去の自分がたくさん泣いている。

 

ふとした時に、叶わなかった自分のこと、諦めた自分のことが

心の奥底から目覚めて出てきては首を絞めるんだ。

 

苦しいって叫びながら。

 

みんなはいいな、みんなにそこらじゅうのすべての人物が含まれているわけじゃないけれども、報われてきたような人、恵まれてきたような人の事を指して、"みんな"と言っているんだ。

 

俺がずっと苦しんできた時代、高校生最後の年、

同じ高校生活最後の年でもすごく充実した毎日を送っては

楽しく明るく、いろんな世界を眺めながら過ごしている人がいるんだって。

 

 

正直知りたくなかった。

 

 

そっか、もっと自由なんだ。そもそも、

みんなそこまで追い詰められるほど辛い毎日を送っているわけじゃないんだなって。

逃げたくて死にたくて辛くて苦しくて、前が見えなくて戻る場所もなくて、

後ろは見えない、挙句やっぱり視界は真っ暗でただただ耐えるのみ、

 

その時を我慢すればいずれは少しは落ち着いた時間がやってくるから、

そこで水面から顔を出して空気を思いっきり吸うの。

 

酸素が足りないからその一瞬の呼吸がとても美味しく感じるの。

 

 

常に苦しい状況下に置かれると、

ニュートラルな心理状況でも幸せを感じるんだ。

 

 

そんななかで世の中では、明るく楽しくキラキラと楽しんでる人たちもいるんだって。

俺たちが必死にもがいて息をしようと這い上がっている中で、

 

すでに生まれ持った時点で、環境で、雲の上のような場所から

素敵な眺めを見つめながら穏やかに暮らしている人たちがいるんだ

 

 

 

何処へだって行けるような自由なんて欲しくはないな。渇望しても手に入らなかったのにこれから手に入っても必要なんかないさ。

 

 

恵まれた人たちはこう反論する、

「もっと未来を見ようよ!」 「楽しいことしようよ!」

 

「過去には戻れないんだから前を見ろ!」「楽しもう!」

 

「今まで辛かったなら、その分未来を生きよう!」

 

(実際に恵まれた人に言われた言葉です)

 

 

余計に涙が止まらなくなる。

ただでさえ勝ち組から、エンジョイハラスメントをされるなんてね。

 

 

いいよね、羨ましいよね。

 

 

笑えないよね

 

 

---------------------

近状報告

 

 

 

いま、実家に帰ってきてるんだけれども

さっさとこの地獄から抜けだいたい。

 

 

わかんない、普通の家庭が、家族がどういうものかわかんないから

何言われてもわかんないんだけれどさ、

 

 

あったかくして眠りたい。

寒い寒いと寒さに震えながら眠るのはとても辛いから。

 

 

美味しくご飯が食べたい。

親に怒鳴られて怒られながら、

泣きながら喉がつまりながら食べるご飯はとてもおいしくないから。

 

 

お風呂に入りたい。

とにかくお風呂に入りたい。ただそれだけ、健康のため。

夜は22時以降自由にシャワーも使えないから、

バイトや学校で遅くなって帰ってきた時、そのまま寝ることになるから。

 

あとさ、

これ最近知ったんだけれど、

家でお湯を溜めて入る家庭あるんだってね?しかも毎日!!

湯船浸かるのってドラマとか映画とかアニメの世界だと思ってた。

もしくは小さい子供がいるからだとか。

 

ビックリしてしまって、こんなにもギャップが、

"格差"があったんだと悔しくてまた泣きそうになっている。

実家のお風呂場の湯船にお湯を張るなんて

ここ12年は見たことがないし聞いたこともないから、

 

たまにご褒美で銭湯とかで湯船浸かるのかと正直

思っていたことはある。なんなんだろうね、もう

 

ものすごくバカらしい。

 

 

いろいろ抜きにして、

 

朝は怒鳴り散らされて目覚めて、

怒鳴られながら飯食って、逃げるように隠れるように眠りにつく。

 

こんな生活から早く抜け出したいな。

 

 

 

いいな、毎日湯船に浸かれるの、憧れるな。

いいな、怒鳴られずにご飯が食べれるの、憧れるな。

高校生でスポーツジム通ってる子も、憧れるな。

行きたくても強制的に諦めさせられた音大に通ってる人、憧れるな。

大学進学で海外を選択できた人、憧れるな。

若いうちに満たされて過ごすことができた人、憧れるな。

 

 

眩しいな