明々後日のビシャモンテ

パンセクゲイ大学生のひとりごと

5/14 最高で行け、駆けるのさ。

私はどこへ向かいたいのか?

 

ずっとここじゃないどこかへ行きたかった。

現状満足なんて言葉、俺は持っていなかった。

だからいつも走り続けてきた、きっとこれからも、

 

最高でいるために駆けて行くんだ、

最高を求めて終わりのない旅をするのは

きっと僕らが生きている証拠だから

 

Dream Fighter/Perfume 

 

最高でいるために、最高であるために、最高を求めて、

走り出さなくては落ち着かない、きっと俺は回遊魚、

止まっていては死んでしまう。じっとしてなんて居られない。

 

 

みんなは満足しているのか?この現実に、

そう、きっと俺は生まれつき裕福な人が嫌いだ。

何不自由なく暮らしてきて、お金に困ることなく、

やりたいことはいつでも出来て、手に入って、

そのくせわがままに人を振り回しては辛いなどという。

 

この大きな雑草魂で勝ち上がりたい、

あんな絶望的な状況から這い上がっていく風景を、

この目に刻んで、輝かせていきたい、

それで誰かの背中を押して誰かに羽ばたかせてあげたい。

 

 

恋をしている暇なんてないんだ、走り出すには足枷にしかならない、

不自由な重りを振り払って、進むしかないんだ前へ前へ前へ。

 

そうすればいつか見えるはず、あの日見た景色を。

 

 

-------

 

 

現状報告とかしてみると、

ここ半年でだいぶ容態が回復した、

ちゃんと人間らしく過ごせるくらいには健康と言える、

 

過剰な躁鬱でま毎日"昨日の自分"に振り回されていた、

眠れない日々、不安な生活、日常生活で出血と向き合う、

抗鬱剤などを飲み始めて、副作用などに苦しんだ、

慣れるまでいつもいつも眠たかった、頭が痛かった、

相変わらず吐き気は止まらなかった、けれど、

ちゃんとそれにも慣れてきて、体がまっとうな人間に近づいた、

冬の終わりに手術もし入院もした、

出血して汚れてしまう日常ともおさらばできた、

痛くて、痒くて、しんどくて、血を見るたびに病む、

それがストレスになって過剰に煙草を吸ってしまったり

引きこもったりと、もうそんな日常も過去のこと。

 

今は、毎日がちゃんとした日常だ。

 

 

完全とは言えないが健康を手に入れた、

これほど喉から手が出るほど健康を欲しがる時がくるなんて、

きっと高校生の時に夢見た大学生活なんて想像もつかなかったね。

 

 

さぁ、療養期間も終わった(終わってはいないが..)

次へ次へ、前へ前へ、前へ兎に角進みたいんだ!

 

素敵なことがゴロゴロ転がっているこの素晴らしきくそったれな世界、

何の為に生きるのか、未だに答えなんて出やしないが、

探しに行ってみてもいいじゃないか。

 

やってみなきゃわからない、頭の中で答えを出すな。

割と、ドン底を経験した気がするので、もう失うものなど、

あるのだろうか?

 

そこまで吹っ切れていないし、相変わらず圧倒的臆病者である。

 

 

今年の夏はどうしようか?

何も準備ができていない、いや今年の夏のことじゃなくて、

もっと先を見据えて考えるべきだ、俺はどうなりたい?

どうなりたいか自分ですらわからない。

 

もしXXだったらどうしようって、いつも迷って生きてきた、

いろんなことやってみてもいいんじゃないだろうか?

 

 

そして、いろんなことを辞めてみるのもいいんじゃないだろうか?

何がいま、俺の足枷になっているのだろうか。

 

全て振り払って走り出したい。

 

 

描きかけだけれども、走り出したくなったのでまた続きは今度に

 

2/17 3000回目の限界更新

「もう疲れたよ」って何回言った?

 

これだけ""もう""疲れたっていう、ギリギリの最果てまで来てるのに、

まだその先が存在するんだ。もっともっと疲れていくんだ。

 

こんなに苦しくて逃げ出したいのに、

もうこれ以上は辛くなることはないだろうってとこまで来ているのに

まだまだその先を掘り進んでいくんだよ。

 

もう疲れた。もう疲れた。もう疲れた。

何度この言葉を口にするのだろう?

 

「いつも疲れてるね」そう言われて気づいた。

 

なんで俺はいつも疲れているのだろう?

もちろん持病のことや不安障害、躁鬱病などで体力がどっと持って行かれるからなのだろうけれども、どこへいけば傷つくことはなくなるのだろう?

 

そもそもこれは傷ついてすらないんじゃないのかな。

きっと世間的にはこのくらいの痛みはありふれた平気なもので、

被害妄想の激しい私だから、ちょっとしたかすり傷で痛い痛いと泣き喚いているのかもしれない。

 

人のふりをするのに疲れたのよ、心から笑いたいの。

 

 

この一ヶ月、俺はなにをしていたのだろう?

振り返るとそこには何一つ成果など残ってなどいなかった。

 

寝て起きてタバコ吸って、薬飲んで副作用で死んで、

頭痛くなって、吐き気に眩暈とインフルエンザ。

だれもこの痛みなど、苦しみなどわかりゃしない。

けれど被害者ずらして生きていく程開き直れる強さもない。

正直毎日がしんどい。なんでこんな目に遭わなきゃならないんだと

自分自身が嫌になる。どうしてこんなに弱くなってしまったんだ。

 

 

 

自分1人で生きていかなきゃいけないのがとてもつらい

誰かに甘えていたいし、誰かに依存していたい。

 

毎日の食費や家賃に追われて、

その合間に病院行って、副作用でゲロ吐いて、

何もかもがストレスで全身蕁麻疹出てさらに吐いて、

鏡見てブスだなって思って吐いて、

けれど真人間で居たいから。最後のプライドだから、

誰かに話しかけられたら笑顔で返事をしてしまうんだ。

少し疲れたな。

 

きっと限界くらいまで疲れているのかもしれない。

とても、とてもつかれました。

抗鬱剤は素晴らしい、もやもやとかを消してくれる、

けれどもそれで幸せになれるわけじゃない、

ただ、なにも背負っていない""普通の人""に戻れるだけで、

今後のことを考えると「いまここで死んでほうが楽である」っていう

その答えが変わることはないんだ。今だってすぐ死にたい。

 

いつになったら幸せになれるんだろう?

 

 

 

眠れないまま朝が来て、なんとなく左手首を切った。

赤く色が変わる。とても痛かった。

まだ死にたくはないなとも思った。わからない。

 

今すぐ思いっきり喚き散らして助けを求めたいけれど

取り返しのないことをして、二度と平常な人間に戻れなくなるのはもっと嫌だ。

"あの子は異常者だよ"なんて、一度知られたら、払拭するのはきっと難しい。

 

だから今日も人間のふりをして、仮面をかぶって、

素直になれなくて、嘘もつきたくなくて、

何一つ自分のことを話せなくて、

だから黙り込んでしまうのだろう。

 

沈黙は金なり。多く語るものが死ぬ。

 

 

 

 

将来のことなど愚か、明日のことすら何一つわからない。

それが毎日不安で仕方ないんだ。

 

 

幸せになれなくても良いから、少しだけ

ほんの少しだけで良いから楽になりたい。

 

たったそれだけの願いだけでも、

死ぬまでに叶えられたらきっと幸せだな。

 

1/17 最高を求めて。

俺は弱い。だから強くなりたい。最強になりたい。

 

俺はいつも助けられてばかり。

俺はいつも抗ってばかり。

 

昨日のことに捉われて

明日のことを考えて

どうして今を見れないんでしょうか?

 

愛だとか、恋だとか、友人関係だとか、

仕事だとか、課題だとか、すぎた話だとか、

これから待ち受けている試練だとか、

そんなこと、ぶっ飛ばしてしまえるくらい、強くなりたい。

 

強運なことに、いつもいつも助けられている。

しかもいろんな人に、手を差し伸べてもらって、

でもそれをふり払ったり、振りはらわなかったりして、

いまも息をしている。

 

もっと強くなれたら。

 

ZUMANITYでZEP NAMBAの中心で

金と、権力と、地位が欲しいって

酔いつぶれながら泣きながら叫ぶこともなくなるのかな。

 

 

もし、誰かが傷ついてボロボロで立ち直れないくらい

弱っている時に、僕にできることはあるのだろうか?

 

 

お金もない、

権力もない、

地位もない、

コネもない、

経験もない、

 

 

何ができるんだ?

環境や課題を言い訳に、俺がやってきたことって、

結局は、目を背けて遊んで、枕営業でのし上がってきた

たったそれだけじゃないか。いったい何が残るというのか?

 

今を見ようとしないで、今を無理やり楽しもうとしてた、

でもそれは若いうちだけだから。仕方がない。

わかってるんだ。

 

 

でも、このままじゃ、これをいつまでも続けることになりそうだ。

そんなのは嫌だ。だから変わるんじゃなかったのか?

 

たかが1回のセックスであんだけ悩んでた

若かれし頃の俺よ、どこに行ったんだ?

 

夢で終わってしまうのならば、昨日を変えさせて。

 

初めてクラブに行ったときのことを覚えているか?

何もかもがキラキラしてて、まだ若いから

いろんな人に声をかけてもらえて、ちやほやしてもらえて、

お酒の名前もろくにしらないまま奢ってもらって、

ジントニックが苦くて飲めなくて、

ビールもまだ飲めなくて、

だからお酒なんて必要なくて、

素面でも全力ですべての景色を楽しめたじゃないか

あの頃の自分はどこへ行ってしまったんだ?

 

目が肥えてしまったとか、舌が肥えてしまったとか

場慣れしてしまったとか、テキーラが飲めるようになってしまったとか、

 

きっとそんな簡単な理由じゃ済まないと思うんだよね、

自分の中にある大事なもの、投げやりにしてさ、

そのくせ理想ばかり高くてさ、

それを追いかけることを忘れていた気がするんだよね。

 

14mmのセブンスターに火をつけながら思うよ。

もう少しだけでいい、あと少しだけでいい、から

また夢を見れたらいいなって。

 

でもその夢だって叶えていきたいんだよね。

時間を融かしてきたって、

人と違うことをしようと必死になったって、

得たものはあったのだろうか?

 

旅先で、いろんな人に助けられて、

友達も増えて、今だってなんでも話せる親友だっている。

 

そのくせどのツラ下げて寂しがっているんだよって。

いつも有言不実行じゃないか。

 

ハッテン場に入り浸ってみたり、

怪しい銭湯に通いつめてみたり、

そこから見えた景色は望んでいたものだったのだろうか?

 

そのいつも抱えてた"さみしさ"ってやつは

満たされたのだろうか?

 

 

大丈夫?大丈夫。

無駄じゃなかったって信じたい。

でもそれは今ここから変わって、

前に前に前に進むことができたらの話しだ。

 

どうすればいい?

 

どうすればいい?といつまで自問自答繰り返すつもりだよ。

着実に進めてはいるんだからさ、甘えずにさ、

顔を上げてさ、一つずつこなしていけばいいんじゃないかなって。

 

 

喧嘩したってさ、疎遠になったってさ、

もう会えないわけじゃないんだしさ、

どんな人だってさ。

 

覚えているだろう?彼女の死を。

彼女はいろんなことを身をもって教えてくれた。

 

これをトラウマと呼べばいいのか、

それとも約束と呼べばいいのか。

答えなんてわからないし、きっと答えもないんだよ。

 

あとちょっとなんだからさ。

大丈夫なんだよ。俺は1人じゃないから。

 

だから少しだけみんなの力を借りてさ、

突き進んでいこうじゃないかって思うんだ。

 

 

これで何もかも終わりなんてことは何もない。

眠っても足を止めてもまた明日はやってくる

そして今日になってしまうんだ。

だから、やれることをやっていくんだよ。

 

 

どれだけ無様に傷つこうとも、

終わらない毎日に花束を。