明々後日のビシャモンテ

パンセクゲイ大学生のひとりごと

1/25 幸せになたかったんだろう。

人として終わっている。俺は終わっている。

だから死ねばいい。一旦死んでいき帰ればいい。

そんなことできるはず。俺ならできるはず、なんだっていい。

一旦自分を殺すんだ、全てを殺して、生き帰ればいい。

やり直しは何度だって効くんだ、本当の意味で死ななければ。

 

www.youtube.com

 

今日はこの曲、Maroon5の「Maps」

 

Oh baby why did you run away?

 

どうして君は逃げたんだ

一緒に頑張って生きていこうって言ったじゃないか。

 

本当の意味で死んでしまっては何も意味がないさ。

 

俺はあの時、当時の話だ、

しあわせになりたい、を「しにたい」だなんて略していた。

口癖のように言っていた、死にたいって、

そう、幸せになりたかったんだ。

 

しあわせになりたいって意味を込めようが現実は残酷だ、

言霊ってのは本当にあるらしい、

崩れそうな精神状態の時、生死の境目がぼやけてくる。

君も真似して言っていた、「しにたい」

きっと元から思っていたことなんだろう、

だけど、言葉のハードルをさげたから、

心起きなく叫べたのだろう、死にたいって。

あの時、なにもかもが荒れていたね、

学校のことや人間関係、セクシャリティのこと、人生のこと、

きっとなにもかもに疲れていたんだろう、

誰も助けてなんてくれなかった、死にたいって叫んだって、

そんな言葉使っちゃいけません、そんなこと言うのはやめようよ。

そんなセリフ聞き飽きた、だったら助けてくれよ。

嘆いたって何も変わらなかった。

 

ただよくわからない空間に、ただ耐えるだけだった。

耐えていれば幸せになれると思っていた。

 

ただ、幸せになりたかったんだ。

 

でも、先に君は崩れてしまった。

二度と帰ってこれない領域に足を踏み入れてしまったんだ。

二度と帰っては来れない。

一緒に青春したかった。嘆いても何も変わらない。

 

最後の最後で俺に連絡をくれたのはわかっている。

「約束守れなくてごめん。降りるわ」

 

それが何を意味するのかわからなかった。

このくそったれたゲームの中で。

降りると押したら、何を代償にしていこう。

同等の対価なんてそうそう見つからない。

 

自分でもわからなくなってきた、

俺は何を書きたいのか、書いていきたいのか、吐き出したいのか。幸せっていったいなんなのか。

 

君はいなくなり、いなくなったのに、そう、

それでも続いてくこの世界。

 

ゲームは終わった。そのはずなのに、続いてくこの人生。

俺は、楽しんでいるのだろうか?

 

多分、周りからしたらいろいろやってていろんなところやっていて、行動力もあって、いろんなことが出来るから、楽しんでるって、楽しそうだってよく言われる。思われるんだ。

 

それが一体なんだって言うんだ。

現状不満足、それは永遠に続いていくんだ。

一回空いた穴はふさがらないし、忘れても傷は化膿していく。

悪性腫瘍ならば取り除けばいい、焼き切って仕舞えばいいんだ。

でもそこにはあるべきはずのもがそもそもなくなっているんだ。

 

心に穴があくとしたら、その穴からはいったい何が生まれるのか、

こじ開けてその向こう側を覗いてみたら、何かわかるというのだろうか。わからない。

自分じゃ見えないからだ。見えるものではないから。

 

 

楽しくない人生、というか、大学生活ってわけじゃない、

楽しいさ、でもそれを楽しめるかどうかて聞かれたら

俺は「YES」って胸を張って答えられないだろう。

 

Maroon5のMaps、この曲は逃げ出したくなっても逃げられない時によく聞いてるかもしれない。

地図があれば、迷う必要がないと思うから。

------

The map that leads to you
Ain't nothing I can do
The map that leads to you following following following to you
The map that leads to you
Ain't nothing I can do
The map that leads to you following following following

------

 

この地図が連れてってくれるから、

この地図さえあればどこにいたって会いに行けるから。

 

わからない。

 

しらねぇよそんな地図、教えてくれよ。

俺にくれよ。

 

 

でもこの曲、この曲の主人公って決して人に道を訪ねようとはしないんだよね。

その地図だけを頼りに、その地図だけを絶対的に信用して走っていくんだ。

 

 

和訳サイトの引用だけど、この歌詞の

「夜になると夢のなかで
 お前の声が聞こえるんだよ
 やっちゃいけないってわかってるのに
 なかなか自分を抑えられない
 だってヘンなことが
 自分に起こってるんだから
 まだお前を忘れられない
 最悪だったそんな時期でも
 そばについててやったんだ
 絶望のどん底にいた時も
 そばで助けてやったのに」

 

って、笑っちゃうよねって思った。

わかるよ、だってヘンなことが自分に起こっているんだから。

 

 

まともな大学生じゃない、それは否めないよ。

 

まともに生きていこうと決めたい。

1/19 Counting All your kiss

なんか後輩なりフォロワーなりが恋愛どうのこうのでじたばたしてるのを見て、さっきSeptemberの曲に込めて恋愛に着いて書き綴ってたんだけれども、どう考えてもキモすぎるしあんまり盛り上がらなかったので下書きに保存して新しく描き始めました。

 

燃え上がるようなテーマってか選曲で行こうかなって。

って思って、脳内シャッフルで即座に流れ出したのがこの曲

www.youtube.com

 

小柳ゆきの「あなたのキスを数えましょう」

いや、もっと他に曲あるだろとか古くない?とかメンヘラやんけとかそういうのは置いといて。この曲はえげつないとおもう。

初めて聞いたのはいつだっけ。でも初めて聞いたのと、付き合ったり別れたり、付き合えなかったり降られたり告られたりをいろいろ経験してきて改めて聞いたこの曲は初めて聞いたときよりも重くのしかかってくるものがあったと思う。

 

 

この曲に関する思い出としては、バンコクに行ったとき、庭にプールがついている様なめちゃくちゃ豪華なホテルで一息ついて、一緒に行ったお兄さん(Sさんとする)が風呂入ってる間何気なくMac開いて日記書き綴りながらYoutubeで音楽垂れ流してて、不意にこの曲が聞きたくなったんだよね。そして高層階から素敵な景色を眺めながら、この曲を再生したんだ。日記と言えるかわからない脳みそ垂れ流した文章をEvernoteに殴り書きしながら。

何を考えていたんだろう。当時のその記事もいつか後悔するかもしれない。

まぁそれは置いといて。曲を聴き終わってからなんか初めての海外ってこともあって気づかれしていたのかぐったりしてたんよ。寝ていたのかもしれない。

 

Sさんが風呂から出てきて、お湯張ってあるから入りな〜と。なんでかわからないけれど俺はそのとき「好きなアーティストとかありますか?」って聞いた。そして「いま聞きたい曲ってありあすか?」って聞いたの。

そしたら「ふと、今頭によぎったのは小柳ゆきのあの曲かなぁ〜」って。

俺は驚いた。えっ今さっきちょうど俺が聞いていた曲ですよ?!笑って。すぐ隣とは言え聞こえる音量ではなかったはず、お風呂入ってるならなおさらね。なんか、そういう偶然的なものを感じながらもう一度リピート再生をかけながら僕もお風呂に入った。

 

おそらく、Sさんもいろんな思いを馳せながらこの地にやってきて、この先やこれまでのことを考えて、いたのかもしれない。

 

ちなみにSさんは30前半?くらいでめっっちゃイケメン、イケメンってかどうしようもないくらいカッコイイ。男からも女からもモテるだろうなぁって言う。おまけに英語はもちろんタイ語や中国語も喋れてもう尊敬しかない。人生経験が半端ない。眩しくて仕方がない。もちろん日本人だけではなく外国人にもめちゃむちゃモテるから、タイのゲイストリートやゲイクラブ言ってもすぐ声かけられるし逆に気になる子がいたらガツガツ行ってすぐ自分のものにしてLINEとか交換してるようなもう崇めるくらい尊敬してる人です。もう頼りっぱなしだし、前向き、自分を持っていて、かといって世捨てではない。しかもカッコイイ。ずるいよなぁって思いもあったけど、努力した経過がこれなんだって思うと、俺もこの10年やってやらなきゃなって思った。10年後この人を超えられるのだろうか?ってすごくワクワクしたし、不安にもなった。(バンコク編の記事いつかかくんでここらへんにしておこう。)

 

 

とりあえず、そんな思い出があった。

これと恋愛って関係ないのではとか思ったけど、自分はひとつひとつの曲にいろんな思い出を詰め込んでしまう癖が昔からあるので、こういう脱線話も書き留めておくこととしよう。

 

 

変なこと聞くみたいになるけれどさ

一人の相手とのキスって数えたことありますか?

 

あるわけねぇよなー、てか数え切れないくらいするよねキスなんて。

この曲における回数て、数えきれるくらいしかあとキスできない。なのか

今までどれくらいたくさんキスを交わしてこれたのかなのかどうなんだろうね。

 

きっともっと大きなことをカウントしてる気がするよね。

 

 

てか

 

 

「出会わなければよかったの?」

これやばくないすか。なんなんですか、この歌詞は。

この部分やばすぎませんか。切なすぎません?わかる。

ああああああ

 

歌詞読み返してくとさ

あなたのキスを数えましょう。からの

あなたのキスを捜しましょう。からの

あなたのキスを忘れましょう。

 

結局は忘れていくんだよね。忘れられないこともたくさんあるけれど、忘れちゃっていくことばかりなんだよね。

でもそんなかでも、どうしても忘れられないもんがそこにはあるんですよね。

クラブや飲み屋で酔っ払ってキスした相手の顔なんて翌日になっちゃえば思い出せないさ。所詮そんなもの。

いいなと思って引っ掛けてセックスした相手ですら、さよならした瞬間顔の輪郭さえぼやけてしまう。いままで俺は一体誰と交わっていたのだろう?わからなくなる。

 

いいの、いいの捨てちゃえば。散々恋していてても、さよならして新幹線に乗った瞬間、どうしても顔が思い出せなくなる、どうしてなんだ。あんなにも好きだったのに、今でもまだ会いたくなる。なのに、鮮明に顔が思い浮かばないんだ。なぜなんだ。体の感覚、ハグした時の温もりは思い出せるのに。顔だけが薄れてわからなくなっていくんだ。

 

嫌いになって楽になって

夜を静かに眠りたい。

この曲のいう通り、いつでもいつも、そうしたいよね。

 

相手のことがどんなにすきでも、

どんな人かわからないようなやつだとしても忘れて仕舞えばハッピーエンドなんだよ。きっと。そうなんだ、そう信じて行きていかなきゃやってらんないさ。いんだよ。横暴に行けや。

 

出会わなければよかったんだよ最初から、飲み屋で出会ったあいつも、クラブで適当に見つけたあいつも、友達のホムパで出会ったあいつも、アプリで出会ったあいつも、みんなみんな、最初から出会ってなければこんなにも悲しむことはなかった、一喜一憂することなんてきっとなかったはずなんだ。そうなんだよ、なんでなんだよ。出会わなければよかったなぁって小柳ゆきも歌ってるじゃないか。Missing youって。

 

って結局は恋しいんだよね。誰であろうと、捨てる捨てられたも結局は関係ないし、前回書いた記事にも綴ったけど、どれだけの長さ一緒にいたとか、そういうことも全部含めて、恋しくて恋しくて、それでいてどうでもいいことなんだと思う。ここまま世界が消えてなくなればハッピーエンドなんだよ、つまりそういうこと。

出会っても出会ってなくても人はいずれ死ぬし地球は滅んでいくんだ。

そう考えるとどうでもよくなる。

 

わけないんだよね。そんなに俺たちって強い生き物じゃないんだと思う。誰よりそばにいたかった。思いは浄化して昇華して空に打ち上げないとね。こじらせすぎか。笑っちゃうね。

そのくせこんな曲を聴くんだと思う。

 

君よいっそ、いっそ、いなくなれ。

1/15 時間で図る恋の轍。

ふうん、良いね。君可愛いからお気に入り。

俺もあなたのこと好きですよ、気になってる人ナンバーワンです。

 

 

どこにでも溢れている有り触れたやりとりだ。

きっとこれから良い感じになって、キスとかしちゃったりして、いずれは付き合ったりするんだろう。そんな助走地点でのやりとり、なんとも微笑ましい。俺としても楽しい気分だ。良い気分でしかない。

 

でもそんな中でなんで

「前の彼氏とはどのくらい付き合ってたの?」

 

 

なんでそんなこと聞くかなぁ?どうして聞いちゃうかなぁ?

その質問に関しては、プラスになることは1つもないと思うんだけれども。

実質俺は1年以上付き合ったことがないんだけれども。(3ヶ月、だとか半年とか、所詮その程度の人間なのかなぁってコンプレックスでもある。)

 

もちろんそんなこと正直に伝えるのは良い気分でもないし、今後付き合っていくかもしれない人からしてもそんな答えが帰ってきたら良い気なんて全然しないだろう。

だって、一人の相手と1年以上、それ以上ずっと寄り添っていたことがないからである。

 

まぁ、こんな時に相手が「じゃあ、俺はお前とずっと居られるように頑張るわ!」とでも言ってくれれば涙流して(ああ、、、、好き。。。。)ってなるだろう。

でも実際はそんなことはない。ないでしょう。そうやって答えてくれる人にはおそらくもう彼氏や彼女がいるし、こんなふらふらしてる大学生と恋なんて落ちないと思う。

 

で、逆に、元恋人とは、4年半続いたんだ。って答えたとする。

それはそれでどうなんだ?おお、長いねぇ!!!いいねぇ!!!とでも言ってくれるのだろうか?褒めてもらえるのだろうか。

けれどもさ、結局は別れちゃってるわけじゃん。だったら半年でも4年間でも一緒じゃないの?

それに、長く付き合ってる人に限って、性に関してはぐちゃぐちゃだったりするわけじゃんね。お互いが各々隠れてやってるのを(気づいて入るけれども)黙認するタイプのカップル。だから続いていく、みたいな。

 

それってどうなんでしょう?それに、逆に言えば4年半付き合ったにもかかわらず別れたんだよ?それはどうなんでしょう?

いずれうまくいっても、どんなにきれいに続いていってもいずれは別れたんでしょう?それはそれで、そういう人たちなんでしょう?どうなんだ?答えてくれよ。

 

一人の人に4年半も愛された男なんて、愛せますか?

 

 

って、結局は年数じゃないんだよね、密度でもあるし、恋愛に尺度なんてない。

 

恋の仕方忘れていませんか?

浜崎あゆみがMで歌っているのだけれども。

「はじまりはいつも突然だけれども終わりにはいつも理由がある」って。

 

終わらせることはいつでもできるのにね。

その、勝手に終わらせた過去の恋を尺度にその人の思いの強さや、やっていけるかどうかなんて図ろうとするのは、間違ったこと...うーん、間違いとは言い切れないけれども、良い判断材料ではないのだろうかと思った。

 

俺は、だから、その質問を聞くたびに、ああ、そういうもんかって自問自答していた。

結局答えなんてないのだけれども。

 

ああ、愛されてぇなぁ。愛されたくない?

 

「いま、最寄りきた」

 「は?」

「いや、だからあんたに会いに来たんだって!!迎えに来い!」

 

 

 

みたいな、やりたくない?やりたい。

愛されたいよ。。。。。。うおおおおおおお

 

なぁ〜〜〜〜にが、恋ダンスだよおおおおお

時に深い孤独を感じても、愛すべきあの人に結局何もかも満たされたい。

うわあああああああん愛されたいよおおおおおおおおおおおおおお(吐血)

www.youtube.com