明々後日のビシャモンテ

パンセク大学生のひとりごと

伊勢参りの珊瑚礁とかでいい。

今回もまた、沖縄ちっくな話になるかもしれないです、

今もまだ5/8 27:33 つまり5/9の朝の3時だね。

 

 

安室奈美恵の、「NEVER END」という曲をご存知ですか?

Namie amuro BEST tour "Live Style 2006"~NEVER END~ - YouTube

 

小室哲哉が2000年7月の沖縄サミットの為にプロデュースした楽曲。

うん、つまり、そういう曲でもあるんじゃないかな。

 

歌詞は捉え方によっては、恋愛ソングとも聞ける、

しかし、政治ソングとも、沖縄の曲とも、人生の曲とも解釈できる。

 

この曲は何を伝えたかったのか?

それをわかったところで僕たちは満足したり幸せになれるわけでもない。

 

 

生きていかなきゃいけない涙の日でも、

だけど強くなれない、ならなきゃいけない。」」

 

 

きっと人生ってそういうことだよね。

何が起ころうと、どんな悲しいことつらいことがあろうと、

自分を鼓舞して、前向いて生きてかなきゃいけないんだろうな。

 

上に載せたURLの動画、安室ちゃんが思いが溢れすぎて歌ってる最中に泣き出しちゃうんだよね、もう、最初にこれを見たとき、聞いたとき、僕もつられて涙こぼした気がする。

 

かっこつけていたいからそこは濁しておくけど、

そこまで抱えられるもの、背負っていられるものがあるのはとても強いことだと思う、

 

今の僕らは、、いや、今の僕はなんなんだ、

何も知らない、何もわかっていない、

何を変えていない、何も刻まないまま死ねるんだ、

いまも、ここで、その気になればそうすることができるんだ

不思議だよね、それってとても不思議なことなんだよね。

 

僕はなんで生きているんだ?何がしたいんだ?

夢も希望も、野望も、なにももってやいない、

それって、とても価値のないことなんじゃないかな。

 

ってそんなことよくわかんないね笑

今は今を生きていくのに精一杯なんだ、

そのなかで何か残せていけたらなぁなんて。

今日もくだらないことつぶやいているんだ。

 

 

今月はまた、お隣の県でサミットがありますね、

伊勢志摩サミット。

 

我らが初詣なり観光などで手軽に参る伊勢神宮があるところで、

なぜサミットを行うのか、何か変わるのだろうか

いったい何が変わるのだろうか?

教えて欲しい、僕たちは幸せになれるのか、

いや、幸せってなんだよってわからないままこんな質問をしてしまうこと自体おかしなことだけれども、でもそのくらい聞いてもいいよね。

 

先々月の大阪旅行、ぶらり電車の旅の中でも書いたけれど、

近鉄鈍行で大阪へ向かう途中で見知らぬお婆さんと仲良くなり、

世間話や思い出話、様々な話をしながら途中まで電車の旅を楽しんだんだ、

そうそう伊賀神戸のお婆さんの話ですよ、懐かしい。

 

その方が語っていたのは

「今年は伊勢志摩サミットがあるせいでか、ここらへん(超ローカルで普通列車しか止まらない、人もあまりいないような駅が続く、自然が豊かでのんびりすごせそうなのどかな場所たち)のね、山がどんどん伐採されているの。なんでかなぁって思って、とても寂しくなっちゃったの。理由はね、今度サミットを三重でやるもんだからテロ対策として(山に潜まれないように)次々と山を伐採してるんだって、なんで三重なんかで、なんで今更三重でやるんだろうねぇって。。。」

 

そう、話してくれたんだ、、それを聞いて、また

僕はなんて無力なんだろうって思った。

とてもとても無力なんだって思った。

 

今、僕には何ができるんだよ、どうすりゃあいいの、

なにからやりゃーこのモヤモヤとした想いは昇華されるんだろう。

 

折角名古屋で生きていて、

いつでもいけるんだし、伊勢神宮

近いうちにまた行きたいなぁて思いました。

その気持ちをまた、今度は僕が、

なにか曲にできたらいいなって。

それはただの自己満足かもしれないけれども。

 

自分ができることを、形に残したい。

夢とか、そう言った形ないモヤモヤとしたものを今

敢えて語るのであれば、そういうことなんじゃないかなぁ、なんて。

 

こんな戯れ言の羅列みてるわけないと思いますが、

改めてここでお礼を言いたいなって思ってます、

伊賀神戸のおばあさん、ありがとう。

いつまでも元気でいてくだいさい、また沢山の思い出ばなしや、

笑顔を見せてください、またどこかで、どこかでめぐり会う日まで。

 

 

自分が無力だって、気づいても、諦めて、ゴミになってたら、

わがままにやりたいことすらやれやんやん?