読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明々後日のビシャモンテ

大学生のひとりごと

5/13歌えない者のバラッド

現在5/13 午前3:00

 

歌いたい、なにかよくわからないけれど、

言葉の意味もわからずにただひたすらに歌っていたい。

 

誰かが、もういいよ、大丈夫だよ、

世界は平和になったんだよ、君は解放されたんだよ、って

慰めてもらえるまでひたすらに歌っていたいんだ。

 

最近改めて思ったのが、やっぱりウタウタイになりたい、

詩を書いて曲を作って、歌を歌って生きていきたい。

恩返しをしたい、なにに?それはわからないけれど、

その、答えが見つかるはずはないけれど、恩返しがしたい、

ただの自己満足で終わるかもしれないけれど、

たった1人の少年が大丈夫なんだって笑顔で暮らせるように、

 

 

僕は中学の頃から曲を作っていた、歌詞を書いたり、

ピアノでメロディをつくったりと、本格的に曲をつくっていた、

だからなのか、今大学の同期たちが必死になって音楽に取り組んでいるのが

正直見下した目で見ている時が全くないとは言えないんだ。

それは歌うたいとして失格なのかもしれないけれど、

実際にそう思うんだ、なぜだろう?

 

 

こんなこと言ったら偉そうだだとか叩かれるだろうけれど、

"思い"やメッセージが全く感じられないんだ、

 

いや、この一文くさすぎるしうけるよね。お前何様だよって、笑

けど実際に、なにかを伝えたくて、この思い届けたくて曲を書いている、

周りのDTMerや音屋の人たちは1人でもいるのだろうか?

 

Twitterで見ている限り、学内であってもいつも、

締め切りに追われていて、晒し(みんなの前での発表)したくない、だとか

いやいやいや、何の為につくってるの?聞いてもらう為じゃないの?

散々がんばってきたのに、聞いて欲しくない、なんて、

せっかく、聞いてもらえる機会があるのに、なんと贅沢な、

 

ただの、音の羅列を、紡ぎ出すことしかできないとしても、

何を思って、何を感じて、何を表したかったのか、

僕は知りたい、それを知りたい、知りたいんだ。

 

 

正直、僕は大学に入ってからというものの、

曲を片手で数えられるほどしか作成していない。

だから、なにも言う資格もない、

まぁでも作っているからといって何かを言う資格があるわけでもないんだけれどね。

 

 

 

僕は一度レクイエムをつくろうとしたことがある、

友人が、逝ってしまってから、訳も分からず鍵盤を叩いていた、

いまでも鍵盤に手をおけば手が勝手にその曲を弾いてくれるだろう、

泣きながら、叫びながら、ピアノを弾き殺したのは、

とてつもなく悲しいときや、怒りの時くらいだから、

いまでもとても印象的に残っている、

 

あまりよくない例えだろうけれども、

音楽って言うものは、そういう、

内側から湧き出てくる気持ち、思い、そんなようなものを

表してくれる素敵なものなんだと思ってるんだ。

 

みんなのそういう曲が聴きたい、

だらだら過ごして、なんとなく作って、自身ないです、

聞いて欲しくないです、けど聞いてほしいな、なんて

わけのわからないことをほざきながら差し出される楽曲なんて。

死ぬ気の一曲を聞かせてほしいんだ。

 

いっそ、極論を言うのならば、

人を1人、大切な人を1人殺して、

思いっきり、その、右手のナイフで、引き裂いた後の、

おそらく、湧き出てくるであろう、アドレナリンと、

言葉にできない、想いを、そのまま曲にしてほしい。

 

そんな曲ならば、泣きながら、今日が終わるまで、ずっと

聞いているんだと思う。

 

-------------

僕は高校生の頃、学校が大嫌いだった、

あの空間が嫌で、誰にも会いたくなくて、

学校をサボって、でも行く場所はなくて、

カラオケに行っていた。

当時は1日フリータイムでも学割とか使えば、430円で入れた。

だから一日中10時から18時まで八時間ぶっ通しで、

母さんが作ってくれた弁当をその個室で貪りながら、

ひたすらに歌っていたんだ。

 

そんな記憶が蘇る。

 

 

僕は歌がとてもへたくそなんだ。

いや練習しろよ、って、けれど昔と比べたたら上達はしたんだよ

僕は、歌がうたえないから、たくさん楽器を練習したんだ、

ピアノはもちろん、ベースに、ドラム、トランペット、

民族楽器のケーナからティンホイッスル、

自分1人でどれだけでも受け持ってやるぞ、くらいな勢いでね。

 

けど結局は歌が上手い人が強いんだ。

だから僕は歌を歌っていこうと思う。

だれかに届ける歌を歌う為に、もっともっともっともっと、

歌っていけばきっと届くかもしれない。

 

だれかが、もういいよ、大丈夫だよって、

優しく慰めてくれるかもしれない、

一緒に、泣いてくれるかもしれない。

 

だから、曲を、書こうと思うんだ、

そして、曲を、歌おうと思うんだよね。

 

 

その為に、たくさん人生を生きていかなきゃなって。

きっと、僕が、ここ最近どこで何をしているか、

知る人なんてどこにもいないはずなんだ、

苦しくても助けてくれないはずなんだ、だから、

精一杯生きて、生きて、生きて、切って、生きて、

たくさんの生きてるを実感しながら、

虚ろな目で精一杯笑っていたいと思うんだ。今日も、

明日も、その次も、日が暮れても、海の向こうまで、

 

 

歌えなくても、歌いたいんだよ。

ピアノを買おうって、思ったんだ、

誰かに聞いてほしいな、僕が死んでも。