読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明々後日のビシャモンテ

パンセク大学生のひとりごと

3/17 中高生からお金を毟り取れ♪

Twitterなどネットでお金儲けをしている人たちを見て。

FXやレートや株で収入上げでドヤしている人たちはどうでもいい、人の勝手である。成功しているのならば素敵なことだし、どうやっているのか私も知りたいくらい。

 

どこか苛立ちを感じるのが、ネットで家庭教師や情報提供などと称して中高生や中高生の親からお金をむしり取っている人たちに不満を感じてしまう。

やり方といえば、ブログやTwitterなどで客を集め、勉強を教えたりする代わりに報酬(&アフェ収入)を稼いでいくと言うやりかた。どこにでもある、よくあるやりかた。

最近の流行りでもあるし、ある意味頭がよく使えているのかもしれない。効率よくお金を稼ぐ、とても大事なことだ。

 

その子が受験を受かろうがそうでなかろうが、知ったこっちゃない、責任は持たない、時間があるときにやる。バックはよい、けれどやってることはぶっちゃけ中高生からお金を毟り取っているようなこと。

まぁ、こういうの利用してうまく活用できている人はいいだろうし、お互いwin-winな関係だからこそ続いているのだろうけれども、大して内情も知らない中高生がお金出して現状から脱出しようとしている一方でそれを利用してお金儲けを考える大学生。問題と捉えることもなく背中押してしまうようなその親も親だけれども、塾に通わせるようなお金も余裕もきっとないのかもしれない。

 

このグレーゾーンのwin-win関係によってそこらへんの大学生はお金を儲けているのを目にする。でも、

こういう人に限って今月はいくら稼いだ〜だなんて自慢している。

 

結局は稼ごう稼ごうって頭を働かせた結果うまくやっていけてるのだと思う。

塾講師なんて待遇悪い上に現状給料がそこまでいいとも限らない、生徒をゴールまで届ける責任感も付いてくる。予習も復習も、その子の為を思うと頑張ることなんてたくさんたくさんあるわけだ。

だから人は頭を使って楽することを考える。考えて、考え抜いて、見つけ出したんだ、中高生からお金をむしり取ることを。

ぶっちゃけ中高生の時なんてお金がどう回っているかなんてそれほどわかったもんじゃなかった。

ターゲットをそこらにしてお金儲けを計画したらあとは実行するだけ。

大京大を目指している〜ような学生じゃない限り英語数学程度なら誰だって教えられる(もちろん一定以上の大学に通っている人であれば)。

中高生からお金を毟り取る。毟り取るっていう表現が適切か、正しいのか、悪なのかはわからないけれども、やっていることはそういうことなのである。きっと。

 

けど、つまりお金を稼ぐってことはそういうことでもあるよなって思った。

お金を稼ぐために、自分も楽して幸せになって相手も幸せになるようなそんな素敵な話はない。

相手も都合のいいように幸せになるしかないんだよ。

これでよかったと、終わって見なきゃわからない幸せしかそこにはないから。

お金儲けってそういうことでもあるんだよねきっと。

人を良い意味でも悪い意味でも騙して、毟り取って、都合の良い風に回していく。それがお金儲けなのかもしれない。

 

嗚呼、無慈悲である、とても悲しいことであるけれど、現実的なことである。お金を稼ぐってことは。

 

本当に設けるためなら情けなんていらない、情けなんて考えてられないんだよ。

商売に魂を売った人がネズミ公やア/ム/ウ/ェ/イなどに手を出して、自分にお金がわんさか入る一方でその人の周りの人たちを悲しみに沈めて行く。

情けなんていらないんだよなぁきっと。

 

私の知り合いで40歳で早期リタイアしたシステムエンジニアがいる。

ものすごく仕事ができる切れ者で、プログラムももちろん早い。

けれど、その人はそこでは終わらなかった、自分がさらに稼ぐためにどうしたか?

 

社長に、次々と仕事をこなし、業務や業界をよくしていく代わりに人事権をわたしにくれと頼んだそうな。人事の権利を手にいれたその人は、自分で書くプログラムや仕事ぶりで次々とシステムを効率化、簡略化、効率化と繰り返していき、次々と使えない奴の首を切っていった。

そりゃ例えば月30万の給料だとしても、2人切ったとしたら60万浮くわけで、その分半分貰う、と約束していたとしたら地震の給料が2倍になる。その人は仕事ができて、システムエンジニアとしての役割をきっちり果たして社内貢献をしていたから何も誰も不満はないだろう。むしろお金が浮いて、社内も上手く循環していったのだから。しっかりと仕事ができる人だ。

 

本人も自覚して言っていたが

「だけれどもやっていることは悪魔のことだよ笑」と。

 

「使えない奴の首をどんどん切っていって給料上げているんだから、いつ誰に暗殺されてもわからないw」と。

けど、真っ当なことでもあると思う。そりゃ使えない人は切り捨てて余分な資金使いたくないし、少数精鋭で上手くこなしていけるならそりゃした方がよい。

けれど、切られていくものは容赦なく切られていく。

嗚呼、無慈悲である。

 

リストラされた者の後先なんて誰も知ったこっちゃないさ。

でもお金を稼ぐってことはそういうことなのかもしれない。

そういう、残酷さもときにはあるのかもしれない。

というか、残酷さが伴うものなのかもしれない。

誰かを傷つけることなくお金をボロ稼ぎするだなんて、そんな回りくどく難しい選択肢を取るよりかは、手っ取り早く競争ラインに立って戦って首を取って賞金として引き換えた方が簡単なのかもしれない。

 

だから、難しいのかもしれない。情けを持ってしまったら、上へ上へは稼いではいけないのかもしれない。

 

キャッチだって、似たようなもの。

街中でサラリーマンを捕まえたとする。とても良い条件で本当に心からお薦めしたいお店はAだとする。だけれども自分の利益などを考えると、イチオシ!!ってわけではないけれども手持ちの中からサラリーマン達の条件には合ってるそこそこなお店である上から5番目くらいにお薦めのBのお店を紹介し連れていく。

 

これがビジネスってもんだけれども、それに違いはないけれども、これが現実なんだよね。そうやってお店も、客も、キャッチも、お金もぐるぐると回っていく。

 

 

やってることはみんな似たようで同じことなんだよ。

 

偽善を翳して、悪魔の鉄槌。自分さえ、自分だけでも幸せになんなきゃ!

周りのことなんて気にしてられない。そういう世界なんだよもう。

こんな世界にした人間が悪いんだけれども。逆に慈悲を無くしてお金儲けだけを優先させていったらどのように稼ぐことができるのだろうか?

 

 

そりゃさ、自分もやってて楽しいことをしてお金を稼いで幸せになって、それで相手も喜んでくれて幸せになって、周りもみんな幸せになってくれたらそれが一番嬉しいんだろうけれど、それはきっと難しい。

だから手っ取り早く悪魔との共同作業するのがいいんだよね。

 

うーん。

君が笑ってくれるなら、僕は悪にでもなるってやつ?

難しいね本当に、お金を稼ぐって、とても難しい。

 

お前が消えて喜ぶ者に、お前のオールを任せるなってやつだな。

自分の金は自分で稼げ、自分の人生は自分で選べってやつだな。

 

ビジネスってなんなのだろうか?これで幸せになれるのだろうか?

 

未だによくわからない。噛み砕いて理解できていない。