明々後日のビシャモンテ

パンセク大学生のひとりごと

9/5 September's Sorrow

9/5 26:35

シェアハウスのベランダでセブンスターを吸いながら、我思う。

 

www.youtube.com

 

 

本日のBGMはこれ。

Earth,Wind & Fire -「September」

 

9月の曲。

気づけばもう9月になってしまった。

僕は本当に不思議な毎日を送っていると思うんだ

 

 

-------

 

きっと、もう普通の大学生になんて戻れない、

ドロップアウトすることによって得たものはたくさんあるけれど、

考えてみれば失ったものの方が、案外多いんだと思う。

 

1浪するくらいならば、多くの人が通る道かもしれない、

1留するくらいならば、多くの人が通る道なのかもしれない、

2留くらいでも、割りかし多くの人が通る道なのかもしれない、

自分のセクシャリティがゲイであるってことも、(※1)

まぁ割と道を通る人は多いのかもしれない

自分の身を売って生活費を稼いでやりくりしていく人だって、

あまりよく知らないけれど絶対数はいるから割と通る道なのかもしれない、

風俗嬢だって、売り専のボーイの男娼達だって、

年々数は絶えずに消滅しない文化なのだから、道を通る人はたくさんいるんだ。

 

ここらへんから、おそらく僕の人生は"普通"とは少しずつずれていくのかもしれない。

 

紆余曲折して、相性の合った太客と個人サポートしてもらいながら、

普通に勤務するよりも効率よく稼ぎながらも、

さらにほんのわずかだけれども送金してくれる心優しい人にも出会えた、

 

徐々に"普通の生活"からかけ離れていく。

もう戻れない気がするんだ。

 

けれども、僕は対価を支払ってでの補助である

世の中には完全にパトロンを作って、一切対価も払うことなく、

半分ヒモ状態になりながらも、学生生活を送っている人たちもいる。

 

ねぇ、普通の生活に戻れたのかな?

 

ひとりひとりに面談したい。

 

そして、そんな生活を送りながらでも、

"普通の生活"をしている、大学の友達が、同級生、

健全に続けている普段の普通のバイトの人たちと、

うまく会話が交せていけてたのかな?

 

隠さなければならない日常が多すぎて、

押し殺さなきゃいけないものが多すぎて、

 

普通の生活に戻れなくなっちゃったりしなかった?

 

-------

 

 

僕は、ゲイデビュー(※1)といいますか、

ゲイの人たちと関わりを持ち始めて、遊んだり、

飲みに行ったり、イベントに行ったり、キャンプ行ったりうんぬん

そういうことをし始めたのはとても早かった、

 

16歳の冬だった。

 

 

最初の頃は何もかもが新鮮で、

そもそも自分のセクシャリティさえも受け入れられず、

目に見えるすべてのものが、楽しかった。

わくわくもしたし、きらきらしてた。

 

でもねその時に仲よかった1個上の先輩に言われたの。

「こっちの世界はとても楽しい、キラキラしてるし、

ただ、同じ共通の"ゲイ"って言うだけでいろんな人に会える

いろんな人にあって話もできるし、いろんなところにも行ける

 

 

でもね、君がこれ以上こっちへ来てしまうと、

もう元の世界には戻れなくなるの。

 

それってとても悲しいこと。儚いことなんだ

 

 

もう戻れないところに足を踏み込むって、

踏み込んでしまうのは1回限り、もう戻れない。

 

 

最初で最後なんだ。

でも、ここで君が踏みとどまってくれれば、

"イツカ"が来るまでは一生来ないんだよ

 

 

俺は君には純粋で、汚れのない今のままでいてほしい

だから、踏みとどまってほしいんだ。」

 

そう言われたのを今でも鮮明に覚えている。

高校一年生の冬。

 

きっと、僕には早すぎた高校一年生の冬なんだよ。

いまはいましかないけれど、

踏み込んだ後の明日は、もう

踏み込んでしまった自分がいる明日で、

 

明後日になった時、もう昨日の今日には戻ってこれないんだ。

そこからずっと続いていく。

 

 

わがままで皮肉めいたものが大好きだった僕、

その言葉を受け入れたと思うかい?

 

4分の3だけ、受け入れたんだよ。

 

そのときからきっとこじらせていたんだろうね。

 

だけど信じていたい。

 

 

だから高校の3年間はね、冬場だけのホモだったんだよ。

 

秋が終わってクリスマスが過ぎる頃パッと現れて、

イベント行ったり、わいわいしたりして、

そんでもって春が来ることrには、

アプリも、Twitterもご丁寧に消してさ

 

今思えばバカみたいだよね。

ってかバカだよね。そんなことしちゃってさ。

 

 

というか、そんなことしなくてもさ。

徐々に受け入れる準備がしたかっただけなのかもしれない。

 

 

------

 

 

そんな純粋、純粋振りたかった時が、

いや、あの時は紛れもなく純粋だったんだ、きっと。

覚えてる、忘れない。1日1日が尊くて、キラキラしてて、

また冬が来ないかなってワクワクしてた自分も居たんだ。

 

 

 

 

------

 

いつから、こんな風になっちゃのかなぁ。

自分ダメだなぁって、ため息つきながら

眠たいのに眠れない朝がまたくるんだ。

 

会いたいのに会えないし、

また恋してるのかもしれないけれども、

適当にそこらへんの人で済ませちゃう自分もいるんだ。

 

ちゃんとけじめをつけて、

蹴りをつけて、

メリハリつけて、

前を向いて、胸かきむしって、進まなきゃいけない。

 

じゃなきゃ、いつまでたっても

憧れてた幸せには辿り着けないんだと思うんだ。

 

 

 

ねぇ、この日記を読んでるそこの君は幸せですか?

 

 

どんな日常に、世界が変わっていけば、

いや、世界を変えていけば幸せに、心から幸せと感じられますか?

 

 

 

(※1 自分はパンセクシャルですがなんか伝わりづらいと思うんでゲイって表現してます)