明々後日のビシャモンテ

パンセク大学生のひとりごと

9/5 過去を捨てて、Nを増やせ。

 

 

9/5 29:35

 

今回は気持ち悪い恋愛の話なんで、注意。

 

 

 

-------------------------------

 

 

 

あなたといられるそれだけで

電子の心、震えるの

まるで量子の、揺さぶるの。

 

 

俺がもしも人工的に作られた機械だったら、

セクシャリティだとか、恋愛観だとか、

性的欲求だとか、そういうものたちに

振り回されることもなく、幸せをつかめたのだろうか?

 

一緒にいるだけで、幸せと感じられるのなら、

機械のロボットになってもいいのかもしれない。

もしも、それで幸せと感じられるのなら。

 

 

www.nicovideo.jp

 

 

君のことが好き、紛れもなく君のことが好き。

また遠距離、また大阪、わかってる。

また報われないかもしれない?かもしれないだけ。

ハッピーエンドが決まっている恋愛なんてドラマで十分。

 

 

君に会いたい。めちゃくちゃ会いたい、

きっと気持ち悪いくらい、好きだ。

 

 

なのに、なのに、

会いに行けない寂しさや、悲しさが募って、

どうでもいい人たちや、都合のいい人たちで、

性的欲求を満たしてしまうんだ。

 

そもそもこんな生活をしている俺のことなんて、

本当のこと何も言えないよ。

 

綺麗事の例として、全部話して受け入れてもらえる人に

好きになって貰えばいいみたいな、そんな話を聞くけれども、

 

それは本当に、由馬のまた夢見たいなことなんじゃないかなって。

 

だから胸を張って、自分1人で歩いていけるようになってから、

堂々と告白とか、なんなりとお申し付けやってやりたいが、

そんな世界線、はるか地平線よりも遠く長い楽園なんだと思う。

 

 

 

いまはいいんだって自分に言い聞かせている。

LINEが帰ってこなくたって、自分が大阪に行ったら

ちゃんとあってくれて、一緒に寝てくれる。

もちろんまだセックスなんかしない、安いやつだと思われたくないから。

 

 

ねぇ、君の目には俺はどんな風に映ってるの?

 

 

先々週少し話したけれども、

こっちの活動を全くしていないようなうぶな若い子

みたいな印象だって言ってたけれども、

 

ごめんね、いきなりさ、

「今からテキーラボーイやるから、酔っ払ってLINEしたらごめんね」

なんて送っちゃってさ、がっかりされちゃったかな。

 

何も知らないような、若くて、目のキラキラした、

穢れを知らない子の方がよかったかな?

 

でも、これも真実だから、寂しいんだ。

どうしようもないんだ、

生きてきた轍を塗り替えることなんてできやしないし、

 

かといって、嘘で固めた君の理想的な自分を

常に演じ続けるなんて、それはそれで幸せとは呼べないのかもしれない。

 

けれど、それがきっと、一番の近道だったはず。

 

 

今すぐ会いたいよ。本当に、久しぶりだよこんな気持ち。

 

 

そして伝えたいよ、今すぐ付き合いたいし、

ずっとそばにいたいって。

 

でもきっと叶わないんだよ。わからないけれども。

それでもいいのかもしれない、

 

でも思いは伝えたら壊れちゃうなら、

ずっとお互い都合のいい人で、いい人を演じあっていた方が、

この関係は壊れることもなく、続いていけるのかな?

 

でもそんななかで君に好きな人ができたりしたら

もう居てもたっても居られない気がするんだ。

 

自分のこと棚に上げて何言ってるんだって話だよね。

バカみたいだよね。まぁっていうかバカなんだから仕方ないよ。

いや、仕方がないって諦めて、割り切ってなんか居たら、

幸せなんて奴はすぐに飛んでってしまうんだ。

 

だから自分が変わらなきゃいけない。

 

 

接待旅行でプーケットに行った時も

ずっと君のこと考えていたし、

お土産どうしようかなとか、喜んでくれるかな、なんて

ずっと考えていたんだよ、今すぐ大阪に行きたいなって。

 

 

www.nicovideo.jp

 

ロボットになってやる、それは幸せなことなのかな

今の俺にはわかりゃしないや。

 

1と0で繰り返される、全てを、

受け入れることはきっと、簡単ではないけれどμ、

生きていくこと全ての苦難を考えたら、

難しいことでもないのかもしれない。

 

「耳のあるロボットの唄」

#Nowplaying

 

 

「恋をして、恋をして、恋をして、振られは、忘れられて。」

 

 

 

また、忘れられていくのかなって。不安になる。

俺の爪痕を残していきたい。たくさんの隙を形にしていきたい。

 

俺はどうしたらいい?

 

 

「恋をして、恋をして、飽きられて、振られは、忘れられて」 

 

きっと現実なんてそんなもんなんだと思う。

 

もっと丁寧に楽しく生きなきゃだよね。

 

 

俺はだから、どこまでも魅力的にならなきゃいけないんだ。

 

どうしたらいいんだ、きもいわるい、言葉の羅列を

誰かが読んだとして、何を思うだろう?

 

きっと、叶わない恋の方が多いんだよ。

 

俺もいつか忘れていくように、いつか忘れられる存在でもあるんだ。

とても理にかなっていることだし、当たり前のことだよね。

 

でも、そのなかで1つでも、思い当たるような、素敵な時間が

その人の心に刻まれていたら、どれだけ嬉しいことなんだろう。

 

 

幸せになっていった人たちは、どれほどの努力を積んで、

どれほどの我慢をし、どれほどの悲しみを乗り越えてきたんだろう・

 

 

今日も、君を思いながら眠るんだ。

 

君はいわゆるアパレルホモだから、

会うたび会うたびめっちゃお洒落で、

それにまたときめいてしまうんだ。

胸が苦しくなってしまうんだ、

 

だから俺も会うたび会うたび頑張ってお洒落して、

ああ、好きな人に会うために服選んだり、

準備したり、いろいろ考えたりするのって、

なんて楽しいことなんだろうって、ようやくわかったよ。

 

 

だからさ、そろそろさ、ちゃんと幸せになる準備

し始めてもいいんじゃないかなって思ったんだよ。

 

 

自分を変えて、生活を変えて、まっすぐ前を向いて歩いて行けば。

いつかたどり着けると信じて、今日も元気に頑張るんだ。

 

 

前を向け 舵を取れ

泣きたくないなら また歌え歌え

 

恋をして 恋をして 

その過去を 捨てて ここまでおいで

 

過去を捨てて、0と1から始められる。

そんな新しい毎日にしていきたい。