明々後日のビシャモンテ

パンセクゲイ大学生のひとりごと

12/6 今大人になりたくて、なれなくて。

夢に向かって、歩くだけ

溺れ出すのはまた別の話。

 

 

今やるべきことは決まってる。

ちゃんと勉強して

ちゃんと学校へ行って

ちゃんと課題を出して

ちゃんとバイトして

ちゃんと毎日を生活していくことなんだ。

 

 

逆に言えばそれすらも今までは出来ていなかったってこと

自分の欲望のままに行動して

毎日取っ替え引っ替えセックスして

ふらりふらりと東へ西へ、

適当に出会い系アプリで会った人と代わり映えのないやりとり、

適当に飯食ってTwitterにつぶやく。

 

そんな毎日が充実してな買ったといえば嘘になるけれど、

それで満足できたか?と聞かれると首を縦に振れない。

 

 

何処へ行けば傷つくことはなくなるだろう?

 

ずっと考えている、あの頃から。

おそらく高校3年生の頃からずっとだ。

あの時からずっと夢見てた。いつかいつかと、

 

でもその"いつか"はいつくるの?

どのタイミングでやってくるの?

誰も教えてやくれないことは知っている。

 

あまりにも自由度の高いRPGだから、この人生は。

 

 

 

何処かへ行こうと思えばきっと何処へでもいける。

けれども楽して生きていけるような甘い世界でもない、

目指すべきところが未だに定まってないのかもしれない。

 

 

すこしだけ定まってきたとは思う、

つまり「やるべきこと」が明確になってきたんだ。

 

けれども、その先にある"やりたいこと"って一体なんだろう?

 

 

 

わからないけれど、具体的ではないけれども、

"自由"が欲しいんだと思う。

 

誰にも邪魔されないような自由が。

 

そのためには絶対的なお金が必要。

今まで苦労してきた悩みの大半は

ぶっちゃけお金で解決できることばかりだ、

お金がなきゃ何も始まらない。

 

そしてそこから次に必要になってくるのが時間。

どれだけお金があっても遊ぶ時間がなかったら意味をなさないと思う。

 

 

俺が18に出会って今でもつるんでる大阪のメンバー

俗に言う大阪でのホモグループ。

 

みんな年末年始はタイへ行きパタヤでバカンスしてやりたい放題して

行きつけの飲み屋ではひたすらに騒いで、

この人たちが支払額気にしてるところはこの6年間見たことがない。

もちろん削るところはケチって無駄を作らないようにしてる。

本当に尊敬する。

俺もこの人らみたいになりたいななんて思ったりすることも多々あった。

この人たちについていくためにも少なくともお金がとにかく必要だと思った。

 

 

 

 

とかも思うけれども、もし年収1,000万あって、

平日月から金まで働くが17時にはきっちり退社出来て、

休もうと思えばいつでも休みが取れる、

そんな生活がなんだかんだ一番現実的な手の届く自由なのかもしれない。

 

きっと、素敵な人が1人でもいれば、はっちゃけられる友達が数人いれば、

それでできることは無限に広がるんだと思う。

 

だから弱気になってないで自分を貫いてみないとなって思うんだ。

 

 

ハードルは高く、だけれども誰よりも現実は見ているんだ。

今までのこの辛く孤独な数年間、見えないところで沢山泣いたし

理不尽な毎日がずっと続くんじゃないかって常に不安だった。

 

 

とにかく今は自由がない、何故ないのかというと

常にお金に困っているからという理由がとても大きい。

ならば稼いでやろう。でも今は春を売ることしかできない。

逆に言えば今しか出来ないことであるけれども、

これに関してももっと目標と目的をもってみても

いいのではないかなと思った。魂売って商売してるんやから。

楽しよう、楽しようだなんて考えてちゃマンネリ化しちゃう。

 

 

俺が望むセカイはきっとこんなんじゃない、

もっとやりたい放題したい、ついてこれるなら着いてこい、

そう胸を張って行ける人間になりたい。

 

わがままも貫ける、そんな価値のある人間に、俺はなります。