明々後日のビシャモンテ

パンセク大学生のひとりごと

12/21 夜空と恋と抗えない冬。

クリスマスだから

 

クリスマスなのに

 

クリスマスだけど

 

クリスマスとは?

 

 

あなたにとってクリスマスとは?

 

 

 

外は冷え切っている。

窓を開けてベランダに出ると、

肌がピキっと凍て着きそうになる

靴下さえも履かないまま、

そのまま見える景色を眺める。

煙草に火を点ける。

俺の住んでいるこのタワーマンションからは

名古屋の街が一望できる、

大学生にしては少し豪華なところに住んでいると言われるが、

4人でシェアをして暮らしていると言うと、

だいたいの人が納得してくる。

 

シェアハウスはとても楽しい、

好きなアーティストの話をしたり、

ライブやドラマを観ながらお酒を飲んだり、

適当に駄べりながらリビングで寝転ぶ、

各々が自由な生活をしていて、

食事も、風呂も、仕事も、

各自が好きなように好きな時間に行っている。

 

かといって役割分担というものは無く、

ルールも特に無い中でうまくやっていけてるのは、

みんなそれぞれが気付いたら掃除をし、ゴミを出し、

片付けをし、言われなくても空気を読む、

そんなことが出来ているからだろう。

 

きっとノリや空気が合わない人が引っ越してきたら、

全部崩れちゃうのかもくらい弱く儚いものだろうけれど、

俺はこの家が大好きだ。

 

とても温かいもので溢れている。

 

ふと思うんだ、俺はこの家に甘え過ぎていないのか?

帰って来れば誰かしらおかえりと言ってくれる、

出かける時は行ってきますと行ってらっしゃいを。

 

それってたいそう得難い幸せの形の一つであるんじゃないかな。

 

きっと1人だったらやっていけない。

 

強がりで、弱い部分を人に見せるのが恥ずかしくて、

気張ってしまうことが多々あるんだけれども、

きっと一人暮らしなんて寂しくて寂しくて潰れてしまうし、

 

その寂しさを紛らわせるために、

毎晩毎晩いろんな知らない人を連れ込む様な、

そんな淋しい行為をまた繰り返してしまうだろう。

 

でもいつかこの家を出て行かなきゃいけないことがある、

どんな気分なんだろう?

 

その時は、きっとちゃんと大学を卒業して、

自立して、1人でもやってけるくらい金銭面も落ち着いて、

精神的にも安定して、前を向いて歩いていける気がする。

 

 

この家に住んでいれば、

ひとりぼっちのクリスマスはきっと来ない、

SNSを開いたり、街に出かけなければ、

曲がり角で飛び出してくる自転車にぶつかる様な、

世間に溢れている幸せの形とやらの景色を、

目に焼き付けてしまうことも、

勝手に目に入ってきてしまうことも無いだろう。

 

 

...

 

 

それでいいのか?

 

 

俺はいったいどうなりたいんだ?

何処へ向かって頑張っているんだ?

まさか、まさかとは思うけれども、

目的地も決めないまま走り出してるんじゃ無いのか?

 

でも、じっとしていられないから、

走り出すしか無いんだよ。

 

けれども、恋愛の話になるとなにもかも強くなる、

後先ばかり気にしていて、

"今"自分がどうしたいのか、何も定まっちゃいない、

 

きっと一緒にいたい、

そばにいたいし、思い切り抱きしめたいし、

思い切り抱きしめられてあなたでよかったと、

そんな安心感のなかで眠りたい、眠れない。

キスして、どこまでも深く深く、一つになっていきたい。

 

でもそれで満足なのかな?その先は?

 

 

そんなことばかり考えてしまう、

この悪い癖が自分で自分の首を絞める原因に、

そして敗因になってしまうんだろうか。

 

 

 

自分に自信が無い、

だから俺が好きになるような凄い手の届かない様な人に、

振り向いてもらえるなんて思えない、

だからもっと頑張らなきゃ、頑張らなきゃと思う。

 

誰かが言った、"好きになった方が負けだよ"

知ってる。

胸に突き刺さる。

 

かといって、そんな素敵な人に

追いかけてもらえる様な魅力的な人間にまだ

成り得てない自分がいるんだ。

 

そこまで俺のことを愛してくれる

絶対的な自信が欲しい、確証が欲しい、不安になる。

 

大丈夫だよ(^^)って、LINEを送る、

スマホを握りしめながら、現実は泣いている、

本当は甘えたい、駄目になっちゃうくらい甘えたいんだ。

 

でもそんなちやほや願望のある野郎なんて

きっと直ぐに飽きられちゃうかもしれないって、

ただひとり不安になっているんだ。

 

馬鹿だよね、馬鹿なんだよね、

じゃあどうすれば幸せになれるだろう?

 

 

別に定義しないことなんじゃ無いかな、

前を向いて、胸かきむしって、叫べばいい。

目の前にあるすべてのことを愛して、

一つ一つの山を一歩ずつ超えていくしか無いんだ。

 

去年の自分を見返していると、

その時よりはきっと強くなれてるんだと思えるから。

小さな幸せ噛み締めて、歌でも歌えばいい。