明々後日のビシャモンテ

パンセクゲイ大学生のひとりごと

2/17 3000回目の限界更新

「もう疲れたよ」って何回言った?

 

これだけ""もう""疲れたっていう、ギリギリの最果てまで来てるのに、

まだその先が存在するんだ。もっともっと疲れていくんだ。

 

こんなに苦しくて逃げ出したいのに、

もうこれ以上は辛くなることはないだろうってとこまで来ているのに

まだまだその先を掘り進んでいくんだよ。

 

もう疲れた。もう疲れた。もう疲れた。

何度この言葉を口にするのだろう?

 

「いつも疲れてるね」そう言われて気づいた。

 

なんで俺はいつも疲れているのだろう?

もちろん持病のことや不安障害、躁鬱病などで体力がどっと持って行かれるからなのだろうけれども、どこへいけば傷つくことはなくなるのだろう?

 

そもそもこれは傷ついてすらないんじゃないのかな。

きっと世間的にはこのくらいの痛みはありふれた平気なもので、

被害妄想の激しい私だから、ちょっとしたかすり傷で痛い痛いと泣き喚いているのかもしれない。

 

人のふりをするのに疲れたのよ、心から笑いたいの。

 

 

この一ヶ月、俺はなにをしていたのだろう?

振り返るとそこには何一つ成果など残ってなどいなかった。

 

寝て起きてタバコ吸って、薬飲んで副作用で死んで、

頭痛くなって、吐き気に眩暈とインフルエンザ。

だれもこの痛みなど、苦しみなどわかりゃしない。

けれど被害者ずらして生きていく程開き直れる強さもない。

正直毎日がしんどい。なんでこんな目に遭わなきゃならないんだと

自分自身が嫌になる。どうしてこんなに弱くなってしまったんだ。

 

 

 

自分1人で生きていかなきゃいけないのがとてもつらい

誰かに甘えていたいし、誰かに依存していたい。

 

毎日の食費や家賃に追われて、

その合間に病院行って、副作用でゲロ吐いて、

何もかもがストレスで全身蕁麻疹出てさらに吐いて、

鏡見てブスだなって思って吐いて、

けれど真人間で居たいから。最後のプライドだから、

誰かに話しかけられたら笑顔で返事をしてしまうんだ。

少し疲れたな。

 

きっと限界くらいまで疲れているのかもしれない。

とても、とてもつかれました。

抗鬱剤は素晴らしい、もやもやとかを消してくれる、

けれどもそれで幸せになれるわけじゃない、

ただ、なにも背負っていない""普通の人""に戻れるだけで、

今後のことを考えると「いまここで死んでほうが楽である」っていう

その答えが変わることはないんだ。今だってすぐ死にたい。

 

いつになったら幸せになれるんだろう?

 

 

 

眠れないまま朝が来て、なんとなく左手首を切った。

赤く色が変わる。とても痛かった。

まだ死にたくはないなとも思った。わからない。

 

今すぐ思いっきり喚き散らして助けを求めたいけれど

取り返しのないことをして、二度と平常な人間に戻れなくなるのはもっと嫌だ。

"あの子は異常者だよ"なんて、一度知られたら、払拭するのはきっと難しい。

 

だから今日も人間のふりをして、仮面をかぶって、

素直になれなくて、嘘もつきたくなくて、

何一つ自分のことを話せなくて、

だから黙り込んでしまうのだろう。

 

沈黙は金なり。多く語るものが死ぬ。

 

 

 

 

将来のことなど愚か、明日のことすら何一つわからない。

それが毎日不安で仕方ないんだ。

 

 

幸せになれなくても良いから、少しだけ

ほんの少しだけで良いから楽になりたい。

 

たったそれだけの願いだけでも、

死ぬまでに叶えられたらきっと幸せだな。