明々後日のビシャモンテ

パンセク大学生のひとりごと

8/2 何がしたい?

8/2 28:34 屋上にて。

---------------------

 

何がしたいんだろう?

 

私は考える、とにかく考える、しかしなにも分からない。

 

何日経っても、何年経ってもわからない。

 

あとどれだけ考えればわかるんだろう?

 
 

ひたすらに考えれた、私のやりたいこと、私の夢、私の目標、私の憧れ。

 

きっと言葉に現せない、この考えはいつまで経ってももやもやの中なんだ。

 
 

大きな挫折、小さな挫折、そこから得たものを積み上げてしまえばきっと何かわかる気がした。

 

だからたくさん動いた。

 

でも、何も見えてこない

 
 

私はまた考えた、

 

もしかしたら私は何もやって来なかったのかもしれない
ただただ、時間を流れるように毎日を息をしていただけなのかもしれない

 

何も得られてはいなかったのかもしれない

 
 

何処へ向かっているのだろう?
この汚れた世界で、何をしたいんだろう?

 

わからない

 

誰か教えてほしい

 
 

色んな人に聞いてみた。

 

先輩、後輩、先生、郵便局長、音楽業界のマネージャー、講師、旅行者、留学生
ニート、SE、保育士、等々

 
 

色んな思いを知ることが出来た

 
 
 

出来たんだけど、だからどうしたって?私は結局何もわかっていない。他人は他人なんだ、私がしたいことを教えてくれる訳じゃない、導いてくれるわけでもない、私はいつだって私だから。

 
 
 

2秒前に死にたかったのも私だし、
恋人に好きって言われて有頂天な3秒後の私も私であるし、

今日も明日も明後日も私な気がするんだ。

 
 

人生の主人公はいつだって私自身。
この主人公の物語を素晴らしく素敵なものにしてあげたい、そしたらきっと私は喜んでくれるはず。

 
 

その為に頑張りたいんだ。
私が死ぬとき、私に向かって素敵な人生だったね、そう言ってあげられるような

 
 

悔いを残して現実に嫌気が差して自ら人生を終わりにしてしまった者の気持ちを左手首の傷跡を眺めながら、私は今日も生きているんだ。

 
 

痛いのはきらい、苦しいのもいやだ

 

じゃあなんだって、毎日やりたいだけゲームして、食べて、寝て、起きて、動画見ながらTwitterをして、ゲームして、食べて寝て、煙草吸ってお酒飲んで、寝る。

 

そんな素敵な日々、ある意味理想なのかもしれないけれど、それは幸せではなかったんだ。

 

私の追い求めた幸せはもっと高くて手の届かない所にある気がするんだ。

 
 
 

私自身に価値が欲しかったんだ。
私が生きている理由が欲しかった。
私は誰かに必要とされたかったんだ。

 
 

理想と現実、
夢と絶望を対比させながらまた少し泣いた。

 
 

変わらない変わろうとしない下らない私自身を鏡で見たときに、あんまり楽しそうじゃなかった

 

眠れない夜を明かして、屋上で絶望しながら煙草吸って、朝日が登るの眺めたとき、

 

あまりにも、朝焼けが差すこの世界が私が息しているこの広がりのある景色が、それはあまりにも美しく綺麗だったから、また少し泣いた。

 
 

泣いたって私は美しくならない。
涙の数だけ強くなれるのであれば
きっと最強だと私は思う。

 

けど、もしかしたら涙の数だけ強くなれるのが本当の意味で事実だとしたら、私はまだ泣き足りないのかもしれない。

 
 

たくさん泣いて、涙の意味を知り、私の無力さを知り、私を育てていかないと、いつまでもわからないままなんだ。

 
 
 
 

私、もっと知りたい、
私が生きている意味を、

 
 

だから私の名前を呼んでほしい
いつか、私が飛べる日まで。

 

 

どんなに輝いている人でも、必ずどこかで苦しんでいる、挫折し、涙を流している。

何かを、捨てている、本当に、全てが全てうまくいく世界なんてないんだ。

 

今まで以上に

中身のない日記を書いてしまった。笑