明々後日のビシャモンテ

パンセク大学生のひとりごと

3/25 針と夢の風船、割り直せ。

やりちもの、なりたいものってなんだろう?

ふと、あれも!これも!全部やりたい!ってのが私あるある。

 

けれど現実としては何か一つを一極集中させないと成功は低いらしい。ただ確率がぐんと下がる。超人にならないと不可能。

まぁ、超人になればいいんだけどね!!!!

 

っていう超前向き人間で実際にそれに伴う行動力などが備わっていればやり抜けるだろうと思うが、そこまで超人ではない。笑

その上とっても崩れやすい豆腐メンタルと来たもんだ。笑うしかない!

 

いや、笑い事で笑顔を大満開で自分も幸せになるのならそれでいいけれど、それじゃよくない。よくないのだ。これじゃよくないのだ。

 

自分のやりたいこと、本当にやりたいことって聞かれたら、昔からの、中学生くらいからの夢である音楽プロデューサーである。

自分は音楽でやっていきたい。本当にこれは私の掲げる大目標である。

 

 

www.youtube.com

 

水曜日のカンパネラ、すごい、すごいよ、すごい好き。

でも、とてつもなく嫉妬してしまう。自分と同い年くらいから始めた子が大成功してるのが、一番胸に、ぐっと突き刺さる。

 

まぁ、同い年くらいからってのはVOCALのコムアイだけで、ケンモチさんやFさんはバリバリ30越えのTHEプロフェッショナルって感じなんだけれどね。

これらを本当に自分らだけでできたら、私のこの20代前半という若さで成し遂げられたらどれだけかっこいいだろうだとか、夢を叶えられたら、なんてことも思ったりもする。

 

この水曜日のカンパネラの「ミツコ」

有名な話だけれど、実際に起こった殺人事件を元に作られた小説「恋と罪」と言う映画が元ネタとなっている。

 

ちなみにこの小説で好きなセリフは「愛がなければお金を取らなきゃ」です。セックスにおいて、ね。

すごく、すーっと心のそこに落ちていった。素敵なセリフだと思った。

この小説や映画、みたらまた感想を書きたいと思う。

それを知った上でこの「ミツコ」をもう一度聞いてみたいとも思う。

 

「お前はきちんと落ちてこい!」その意味を、本当の意味でわかるのではないだろうか?

 

 

ここでとりあえず、水曜日のカンパネラの名を出したが、本当に憧れる。嫉妬する。

 

私も、私だって。って、思ってしまう。

叶わないものなのだろうか?敵わないものなのだろうか?

 

私の思いが、足りないのだろうか?わかってる

行動がともなってないと、あの頃言われたことを思い出すんだ。

本物のアーティストの知人の家に泊まりに行った時、

私も音楽でやっていきたい、って行ったんだ。

そしたら「本当にやりたいのであれば、それに向けて努力しているし、既にやっているよ」って。

悔しかった、ドーーーーン、雷が心の上澄みに溶けていった。

溶けきれないくらいに、差さりもせず、じわじわと蝕んでいった。

 

そうなんですよ。私は行動していない。これじゃダメだとわかっているのに行動していない、やらなくちゃ、やらなくちゃ。

そうなんだよ、私にはやらなきゃいけないことがあるんだ!

なりたいもの、叶えたいものがあるんだ!負けたくない、負けない、やるっきゃない。けれど、一人でできるものもあるが、アイコンも必要なんである。

素敵な女の子いないかなって、思うけれど、今の私には手に負えない化け物でもある、だからこそ、共に戦えるよう、私自身に力があるって見せられるだけのものを作っていかなければいけないんだ。それが全てなんだ。ここで落胆しちゃいけない。

 

 

私のファン、いるのだろうか?

少なくとも、私の作品、私の歌、私の生き方を好きと言ってくれる人が一人でもいるのなら私は最強だ、その人を喜ばせるために生きていくだけだ。

 

やりたいことたくさん。まとめなきゃいけない。

最近この意味のわからないBlogでしか発信というものをしていないから、実際に作って発表して、作って、発表してをしていかなければいけない。

 

死んでたまるか。やってやるんだ。

 

人の為と書いて偽りと言うのか、人の夢と書いて儚いと言うのか、

自分の夢をどう描いていくのか、いつどの時期にわかっていくのだろうか。

 

流されるままと耐えていてはダメなんだ、流していかなきゃ。

リストを作ってただひたすらやる。それが2017年なのかもしれない。

 

キャンプや海、ウェイウェイ旅行するのは散々楽しんだだろう。

しかも若さというものを振りかざして、お金をほとんど掛けずにふらふらしてきた。だけど変わるんだ、自分で、自分で稼いで、自分で発信して、自分で遊んでいくんだ。そのために、そのためには!!!!

 

黙々と向き合う時間が必要だ。自分にはそれが必要だ。

そうすればできるはずなんだ。

 

浪人時代を思い出せ。あの暗くて冷たくて逃げる場所もなくて、将来もわからなくて、けれど前にあるものをこなしていかなかった、あの、あの地獄の1年を思い出せ!あれをもう一度しようじゃないか、やってやろうじゃないか。しかも今回はあの時とは違い自分で全部やらなきゃいけない。生活費を、家賃を稼いで、その上勉強していくんだ、なかなかのハードモードだ。でももし、このまま淡々と学生生活を続けていって、とりあえず就活ってなって、就職したとする、そしたらもっと時間なんてなくなってしまうじゃないか!どうするんだよおい!おそらく企業に就職したらしたでガッツリやっていきたい派だからまた周りが見えなくなる、その場で明確なレールが目に見えてくるからこそ、そこそこの収入を得ることができるだろうがその一方で何も、手を広げる余裕や時間をひねり出すことなんてさらに険しくなるかもしれない。

 

砂漠でオアシスを、いや、線路を見つけることと、

渋谷の交差点で前世の師範を見つけ出すこと、どちらが難しいのだろう?

 

そういうことなのかもしれない、難しい、たとえもよくわからない。

WHAT'S THE HELL!???????これに尽きる。

白黒はっきりつけることが正義なのかもしれない。グレーはいつも悪である。その体一つに白も黒も塗られているのであれば、何にでもなれるのかもしれない。グレーは本当の意味で"なにか"である"すべて"であるけれど、結局は"なんでもない"、Nothiingなのである。

 

正義か悪か、はっきりしない奴が結局は最後の敵なのである。

自惚れるな。都合のいい立ち位置が勝利をつかむなんてうそっぱちだ。

 

格好良くなりたい、20代初期、やれることは全部やらないと。

でも全部やってては効率が悪い、定めて、狙い撃っていかないと。

数撃ちゃ最後には当たるかもしれないけれど、それが30,40超えてからじゃ遅いんだ!だから、だから私は今からでも動かなきゃいけない。今できることを、出来ることすべてを神経研ぎ澄ませてやっていかなきゃいけないんだ。