読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明々後日のビシャモンテ

パンセク大学生のひとりごと

4/26 生活インTHEワンダーランド

またね。

 

わからない、僕のやりたいことがわからない。

見えてこない。ただ垂れ流すだけになる。

 

今の生活は一体なんなんだ?

正直恥ずかしい話だけれども学費は親に出してもらっている、

というか、私は大学に通う理由としてもモラトリアム充実させたいから、叶わなかった事たくさんやって行きたいからだった。

 

あの頃書いたよね、高校三年生の時、北舘の誰もこない進路資料室で

M氏とI氏と、みんなでさ、大学入ったらやりたいことをさ書いたよね

この暗く重たい、冷たい空間で、将来の夢語り合ったよね。

みんなみんな落ちこぼれだった、けれど楽しかった気がする、

一人じゃなかったから。

 

けれど、今はなぜか一人でいる。

やりたいことも全然達成できてないじゃ無いか

そりゃあ世間知らずの

学校に飼い慣らされて反抗している高校生が

大学入ったらやりたいことなんてタカがしれてるはずだ。

けれどそれがすごくすごくモチベーションだった。

行きていく事に無いするモチベーションだった。

そうじゃないの?

 

いつからこんなつまらないニンゲンになっちゃったんだろう?

 

そうそう、話は戻る

「国立大学ならば学費は出す。」まぁこんなような事が条件だった

そのあとも、国立受かったんだから私立と比べたら安いもんだから

毎月お小遣いをあげると、

でも世の中そんな甘くなかった、

(ちなみに奨学金は借りるな、承諾しないと言われていた)

大黒柱の仕事もこの薄い不景気で上手くいかない事ばかり

結局お小遣いもなくなった、

家にいる事は兎に角ストレスだった、

実家から大学へ通っている時は

稼いだバイト代は全て自分で自由に使えるものだったけれど

家にいる事がなによりもストレスとなり

(姉の原因でもあるし、それに伴って母親も可笑しくなっていた)

(金銭的に余裕がなくなるとみんながみんな崩れ始めていくんだ)

そして私は家を出る事にした、大学にある学生寮

家賃は毎月ポッキリ1万円。

正直言って、田舎の実家から都心部の大学へ通う交通費

自転車の定期代、地下鉄やJRの定期代、

どうしようも無い時のバス代などなどを考慮したら

寮に入ってしまう方が勝手に出て行くお金は安くなるからだ。

(食費などは別にしても、兎に角定期代にお金がかかっていた)

それらも国立大受かったんだからってことで支給されるものだった

けれど実際寮に住んでみて、

気づけば弟は私立へ進学、家計は圧迫。

結局定期代の分を家賃としてもらう、という条件など消えた

毎月の生活費は全部自分で賄う事となった。

働いて、稼いで、勉強して、今まで通り続けていたら

 

身体も、精神も死んでしまった。

 

去年1年間はもう本当に狂っていたと思う

サイコパスオブサイコパスって言うくらいには、

本当に無駄な時間だったと思う。学校にもいけなくなった。

ただただ、不安との戦いだった。

 

そう、誰も助けちゃくれなかったんだ。

 

そんな中、バイトを掛け持ちして、援交すれすれの事をしながら、

っていうか、ぶっちゃけちゃうとやってる事は援交だよね、ウケる

稼いでは病んで、働いては、嘆いて、

わけがわからなくなっちゃった。疲れたんだ。

 

その上、寮の人たちとも上手くいかず、ってか

前にも書いたかもしれないけれども、

自分自身上手くやっていこうとすら思ってなかったのかも

いやいや、そもそもあの頃の精神状態じゃ、

仲良くできるものも出来ないさ。仕方が無い。

もう一度入りなおせばやっていけたかもしれないな

 

学務課のカウンセラーの人と相談しつつ生きている

ローンを借りた方が、長い目で見て良いよって、

確かに、確かにそのはずだ、

こんだけ苦しみながら、精神が病んでしまうほど

稼ぎながら何もかもやろうなんて、出来っこ無い。

けれど、借りてしまうという事は今までやってきた事は

一体全体なんだったんだ!?と。

もっと早くから相談しておけばよかった、

けれど、本当に精神がヤバくなってしまったら、

何もかも受け入れられないんだよ、理解すらできない。

 

少し落ち着いた今だからこそ嚙み締める事ができるんだ。

 

本日4月26日、

某マッサージのバイトでの月目標額であった15万円達成した。

本当に頑張ったと思う。心が消えたいってどれだけ叫んだんだろう。

他のバイトの収入も合わせると17万は行っているだろう。

苦しくて仕方がなかった。

 

最近引っ越して家賃が少し上がった、

そんなか、まぁ今まで通り稼いでいけば

やっていけるだろうなんて思っていたけれども、

これがこの先20ヶ月近く続いていくなんて思うと

苦しくて苦しくて仕方がなかった、

だから許してほしい、

私もローンを借りる。

そして青春もする。そんなかで、勉強しながら、前へ。

 

向かっていくんだ。生活費に追われながら行きていくなんて

精神的にも持たないんだって改めて思ったんだ。

 

これからバイトの出勤日数をぐっと減らしていく。

自分のじかんがどんどん増える、さて何をしていこう?

許されるだろうか?私も青春して、いいのだろうか?

 

「知らない、知らない僕は何も知らない」

「叱られた後の優しさも」

 

雨がふるといつもこの曲を思い浮かべる、

なぜなのだろうか、この曲を初めて聞いた時、

土砂降りの雨だったからだろうか?

 

苦しくてたまらなかったとき、いつも

全てを洗い流すように、雨が降っていたからだろうか?

 

許してほしい。頑張るから。楽しむから、

 

まっとうに生きる事が怖いんだ。

今までどうやって生きていたのかがわからない。

 

世の中結局はお金なんだよ、

お金に騙され、お金のために生きる。

 

今年に入ってから、ネズミ講にも、マルチ商法にも引っ掛けられそうになった、余裕が無いから、その隙間に付け込んで来るんだ。

悪魔のささやきが、染み込んで来るんだ。

 

けれど、誰かが不幸になって、自分だけが幸せになるなんて

そんな商法私は認めない、猛反対である。

けれども世の中、馬鹿が楽しめて、馬鹿が騙されて、

結局は馬鹿が幸せになる時代。だって何も考えないから。

 

こんな世の中腐れきってる。

私が変えてやるんだって思っている。

 

だから私は頑張らなきゃいけない。

人よりも何倍も何倍も、強くあらなければいけない。

大丈夫、みんながついてるから。

 

知らない、知らないあの耳鳴りは、

本当に、夕焼けの中に吸い込まれて消えていくんだ。