明々後日のビシャモンテ

パンセク大学生のひとりごと

7/21 それはまるで懐かしい匂いがする。

いつもの場所で、このブログを綴る。

とある街中の交差点に面しているここのスタバが僕の秘密基地だ。

 

7/21 21:15

 

目の前がガラス越しにそのまま人通りの多い道路であるから、

向こうからも丸見えであるからシャキってなりサボらないし。

こちらからもいろいろな人を観察できるので、とても楽しい。

 

勉強に対する集中力が切れて、ぼけーっと眺めていたら

あることに気づいた。

 

ちなみに今は7月21日、そう華金である。

 

なんというか、

イケメン風でかっこよくてスーツをパリっって着こなしてる

いかにも、仕事できます!充実してます!って言う

サラリーマンは、年齢問わず、みんなためらうことなくタクシーを使う。

タクシーを止める姿でさえ様になっていて、なんかかっこいい(語彙力)

 

 

一方で、小ぶとりやガリガリの、身の丈にあっていないスーツを

だらしなく、なんかずれた感じで着ている人は、

若い子であろうと、おっさんであろうと、汗をだらだら垂らしながら

シュッとしてるとは到底言えない背筋でとぼとぼと歩いている。

ああ、この人なんか仕事できなさそうだし、幸薄そうだし、なぁと

 

全く喋ったことがないのに、オーラでなんとなくわかるんだ。

とても不思議なことだとね。でも、ある意味これが全てなのかもしれない。

 

 

自信があるからパリっとして、定期的に美容院も通い、

自分の体にあったスーツを着こなして、

(おそらく)ジムに通い、ボディラインを整えて、

だからこそ、自分に自信が出る、よし、今日も俺はかっこいい。

そう自分で自分を認めてあげることができるんだと思う。

 

だってさ、おしゃれしてる時って、わくわくするじゃん?

自信でるじゃん?ああ、今日の俺かっこいいわーって!笑

 

逆に、頭ぼさぼさで寝癖のまま飛び起きてそのまま外に出ようもんなら

誰にも会いたくないし、誰にも見て欲しくないし、背筋も曲がっちゃうよね。

 

 

んーーーーわからないね。

けれど、なんとなくだけどこの、

わからない"なにか"がここ最近わかってきたかもしれない。

 

 

大人になるんだよね、人はいずれ。

俺たちだって。

 

そしたらさ、かっこいい大人になりたいよね。

スーツバシって着こなして、髪型もかっこよく決めて、

そこそこの腕時計でもしながら、

ジムで地道に鍛えた体に沿ったかっこよくそしてエロくもある

ボディラインにフィットするスーツ、後ろ姿に惚れる。

女子高生に、なんかあのお兄さんかっこいいな!って

心の中で思わせてしまうような罪な男になりたい。

 

 

 

ぶっちゃけ、そんな大人になれたら、

そうなれたことがある意味1つのゴールなのかもしれない。

理想だよね。

 

でもさ、そもそもそんなかっこいい大人になるって大変だよね。

 

美容院やスーツや身近なものにお金が定期的にかかるのはもちろん、

朝出社ギリギリに起きていては話にすらならないし。

ジムに通うのだって、そうとう楽じゃないよね、

だって大学生の今ですらさ、時間作ろうと思えばいくらでも作れるのに、

ああ、めんどくさいなって、後回しでいいやって、疲れたなって、

帰ってそのまま寝ちゃったりしてしまうんだもん。。

まぁ、そもそも朝起きれなかったり、

課題、レポートすらギリギリに提出している時点でダメなんだよね。

じゃあ、そこから直していこうか。ね?

 

明日からそうしよう。時間に余裕のある人間になろう。

空見上げてないじゃんねー最近。

 

うちがJKだった頃なんて特に意味もなく

空見上げて「ああ〜人生〜」的なポエム的なことつぶやいては

笑いあってた気がする。なんか1人でいても最強だった気がする。

 

心の余裕だよね。切羽詰まって生きてても、

目の前にある物事一つ楽しむことができないんだよ。

 

www.youtube.com

 

 

俺の人生ソング紹介タイム。

MONKY MAJIKの「空はまるで」

よくわからんけれど、こういう空気感、

なんか忘れてる若き尊き時間って感じだよね。

今、忘れちまった大事なことたくさんある気がするんだ。

 

 

 

今できることが全てなのかもしれない、

空見上げて、きれいだなって、言える時間を取り戻していけたらいいな。

 

 

一緒にかっこいいいけてるメンズになってやろうぜ?

そんでスーツばしって決めて、なんかスタバで人生について語ろうぜ。

(やることは女子高生時代と変わらない。笑)